資産とするか負債とするか|不動産購入や売却後も安心して利用できる会社

不動産購入や売却後も安心して利用できる会社

男の人と女の人

資産とするか負債とするか

つみき

土地の上に建物を建てて住んでいる限りは、所有権のもとでしているのか借地権をもとにしているのかは外観上は見分けがつかないものです。しかし、所有権と借地権は明らかに権利に違いがあり、売却する場合でも借地権は複雑な手続きを必要とします。また、所有権との最大の違いは借地権を売却するにしても、建物を建て直すにしても地主の承諾が必ず必要になる点です。地主の承諾無しに勝手に土地を売却することも、建物を建て直すこともできない点が所有権がある土地との大きな違いです。そして、借地権の権利は曖昧な定義になっていることや地主の承諾も必要なことから扱いが難しいものです。なので、借地を有効活用したい場合はこのような権利関係について詳しいプロに相談する必要があります。

借地権は、地主の承諾がなければ何もすることはできないのですが、逆に言えば承諾さえ取れれば売却することが可能です。しかし、その際には地主へ支払う承諾料以外にも建て替えの承諾も必要になりますし、契約期間を更新できるかどうかも確認しておく必要があります。そして、新たな借地人との地代はどれくらいになるのかやどのような建物を建てるのか、その際に金融機関から融資を受けることができるのかどうかなど様々な点をクリアにしていく必要があります。これらの点を全てクリアにすることで、初めて借地権に価値が生じ売却することができます。その為には、借地権について詳しいプロに相談することは欠かせないものです。そして、予め相談することで様々なトラブルを未然に防ぐことができ、スムーズな売却を行うこともできます。相談先としてお勧めなのは、やはり専門にこれらの問題を取り扱っている会社です。